八戸バイオマス発電株式会社
八戸バイオマス発電株式会社
八戸バイオマス発電株式会社
八戸バイオマス発電株式会社
八戸バイオマス発電株式会社
八戸バイオマス発電株式会社

木を生かし、未来を照らす。

ABOUT US森と電気が共に生きる
循環型事業を目指して。

八戸バイオマス発電は、
住友林業・住友大阪セメント・東日本旅客鉄道の
出資により設立されました。
目指すのは、「木質バイオマス」という
再生可能なエネルギーを用いて発電を行う、
循環型事業モデルの構築。
青森県八戸の地から日本の未来を照らす、
森と電気が共生するエネルギー事業に
取り組んでいます。

再生可能なエネルギー資源 「バイオマス」

再生可能なエネルギー資源
「バイオマス」

バイオマスとは生物資源(bio)の量(mass)を表す概念で、「化石資源を除いた、再生可能な生物由来の有機性資源」のこと。家畜の排物・生ゴミ・建築廃材・もみ殻やトウモロコシなど、私たちの身の回りにも多く存在しています。しかし、これらの資源は、利用率や回収コストの問題など、安定的な資源調達に不安を抱えています。そこで、私たちが注目したのが豊富な森林資源のエネルギー利用であり、特に低質材を有効利用した木質バイオマス発電です。

山林事業と発電事業の両立による、「木質バイオマス発電」

山林事業と発電事業の
両立による、
「木質バイオマス発電」

木質バイオマス発電で重要なのが、燃料となる木材資源の安定的な調達です。日本は世界有数の森林大国であり、建築材や紙パルプとしての活用など、様々なことに森林資源を利用してきました。しかし、間伐材や根に近い部分などの林地未利用木材は、そのほとんどが有効活用されていませんでした。
八戸バイオマス発電では、住友林業が行う循環型の山林事業と共に、林地未利用木材を有効活用しながら、安定した木材資源の調達と地元の森林活性化、そして地域貢献の実現を目指しています。

燃やしてもCO2の濃度に影響しないクリーンエネルギー

燃やしてもCO2の濃度に
影響しないクリーンエネルギー

木質バイオマスの原料となる森林資源は、光合成により大気中のCO2を吸収し、酸素を生産しながら、炭素を貯え、幹や枝などの樹体をつくります。この森林資源が、発電所で燃焼されることでCO2が発生しますが、このCO2は、元々大気中に存在したものなので、大気中のCO2濃度が増えるわけではありません。伐採後に植林すれば、理論的に新たなCO2は発生しないと考えられています。
この考え方を「カーボンニュートラル」といい、CO2フリーのエネルギー供給として、地球温暖化の抑制が期待されています。
私たちは、このカーボンニュートラル・サイクルを促進するための植林へのサポートを、グループ企業と共に行ってゆきます。